スポンサーリンク

無趣味がお絵かきの趣味を再燃すべくiPad一式入手したよ!

iPad一式買いました〜!昔々は絵を描くのが大好きだった!鈴屋です。

基本的に無趣味な人間なので。
今年こそはお絵かきの趣味を再燃させて楽しみたい!と思っていました。
中高生くらいまでは「絵を描かなくなる日がくるなんて考えられない」毎日だったんですけどね(遠い目)
20年越えのブランクは気にしない!初めての気持ちで^^

いや、Wacomのペンタブレット持ってるんですけどなー。
なかなか面倒で描かずにいたら友達に「私もそうでしたけどiPadだと気軽に手に取りやすくて続きましたよ!iPadオススメです!!」とそそのかされてw

ついにiPad pro 11インチ(2020/第2世代/256GB)Apple Pencil第2世代を買ってしまいましたお。

今回ネット情報を元に自分にベストな初装備はどれなんだろう?とあれこれ思案したので経緯などを残しておきます。
iPadでのお絵かき興味あるんだよね〜って方はご参照ください!

ちなみに、鈴屋の絵は公開いたしません!恥ずかしいから!!!

スポンサーリンク
PR

鈴屋が揃えたiPadと仲間たち

今回お絵かき用に購入した一式はコチラです!
順番になぜコレにしたのか、検討の経緯も含めてご紹介します。

iPad Pro 11インチ(2020/第2世代/256GB)

以前に一度PC代わりにしたい目的でiPadを購入しすぐに手放したのですが。
ついに再会の時が来ました!わーい。

マイ選定ポイント

  • スペック不足で後悔しないと「自分が」安心できるレベル
  • メモリ3〜4GBに対する不安(PC感覚/タブレット不慣れ)
  • 予算がなーい!バッテリー劣化が少ない中古ならアリ
  • 12.9型は大きすぎ気軽さに欠ける(13型ノート愛用者なので)

以上から「iPad Pro 11インチ(2020/第2世代)」以降に絞られました。
メモリ6GB、大きさも適度で、2020年モデルと古すぎず、予算的にも新中古で比較的探しやすかったです。

今回は最終的にヤフオク!で入手しましたが、ラクマやPayPayフリマ、Apple公式の整備済品など幅広くチェックしていました。
※個人間取引の場合は特に詐欺や粗悪品をつかまされないようにご注意ください!

参考までに色違いだけど新品リンク貼っておきます⭐︎

最後まで迷ったハードディスク容量

iPadはお絵かき専用でゲームや写真データを入れる予定はないのですが。
お絵かきソフトや書いた絵のデータ(クラウドをあまり使わない/印刷データサイズの絵も書くかもしれない)など積もっていけば容量を食うだろうと思い。

64GBは、使用中iPhoneでいつも不自由しているので除外w(猫写真/動画が重い)
素人には64GBでも十分かもだけどPC感覚なのかな、少なすぎると感じました。
WEB絵しか絶対描かない&クラウド利用する方なら64GBもアリじゃないかな。

128GBでも恐らく全然大丈夫でしたが、自分の不安感を払拭するためだけに256GBに決めましたw

某有名絵師さんも「256GBを買っとけ」って言ってましたし!w
ほんとどのぐらい容量使うかは人それぞれだし、最初から「自分にどんぴしゃスペック」は難しいですよね。
使いたいソフトの推奨スペック等から目星を付ける以外には何とも…。
今回は悩みすぎて大は小を兼ねておくことにしましたとさw

iPad用カバー

外で持ち歩く予定はなかったですがカバーは絶対買おうと思っていました。
どんくさい私が裸で使っていたらきっと事故る…(震)

後述する変形のApple Pencilカバーが使いたい前提で。
Pencilを収納できたり、留めるバンドがついているものと悩みつつ…
今回はあえてバンドなしのカバーをチョイスしてみました。

iPadカバーだよ!
鈴屋が買ったやつは、裏面が半透明PVC素材。側面が少し高くなっていて「画面を守ってやんよ!」感があります。蓋を閉じるとオートスリープ対応です。カラーが豊富で迷いましたが大好きなグリーン系にしました♪

類似品多数でどれがいいんだー!と発狂しそうになりますが。
↓こういうカバーです!

変形じゃないPencilに沿うタイプの薄手Pencilカバーを使う場合は、バンドが付いている全面カバーを検討しても良いと思います!(ギリギリ留まったって口コミも見かけますが、バンドがうまく留まるかは試してみるしかない^^;)
↓こういう感じのやつね。

他にもiPadカバーをしたままPencil充電できるハーフカバー(背面〜側面だけ保護)なんてのもありますが、Pencilカバーが付いている場合は充電できないことが多いようなので注意です。
iPhoneケースの手帳型派か背面カバー派かに通じるものがありますが。
iPadはスマホより大きいですし持ち歩く人なら特に、個人的には画面保護もできる全面カバーをオススメしたいかな。

Pencilの収納スペースが付いているタイプのiPadカバーは、Pencilカバーを付けたら収まらない可能性が高いので避けた方が無難でしょう多分。

後付けで別にバンドを付けるのもアリ

Pencil紛失が不安な方は。
バンド付きiPadカバーを買うという選択肢の他に、後付けでのブックバンド(ペンホルダーや筆箱付き)やペンホルダーを検討ください!
Pencilカバーを付けると入らないサイズのペンホルダーも多いのでご注意を。

数年前は100均ダイソーにいい感じのペンホルダー付きブックバンドがあったようですが、2022年2月現在では商品として存在しませんでした。残念!><

Apple Pencil第2世代

Apple Pencilって高価ですよね〜。
代替品を探してみたりもしたけど、筆圧感知とか性能考えたら結局「手堅くApple Pencilにしとくか」ってなりました。
中途半端に代替品買って後悔したくないw

Apple製品って手にするとアガる…デザインが基本的に好きなんだと思う。
手触りさらさら。思ったよりも重みがありました。
細すぎて使いにくい、長時間使うと疲れるって意見が多いですがどうかなー?
とりあえず1タップで消しゴムとペンが切り替わる第2世代ならではの便利機能は、誤作動が多くて使いこなせないようならOFFする予定ですw

ちなみにちょっと節約して代替品に挑戦してみたいって方は「Adnit note+」をチェックしてみてください。
Amazonの口コミはあまり芳しくないので賭けですが…!

Apple Pencil第2世代用カバー

せっかくのデザインや手触りを満喫する為には裸でそのまま使いたいんですけど。
Apple Pencilは充電時に本体と接触する磁石部分(2箇所)に焼け焦げのような跡ができてしまうらしいので、対策としてPencilカバーを付けて使おう!と思っていました。
付加価値として握りやすくなったらいいかな。

で、肉球に一目惚れして買っちゃいました〜。
かわいいでしょ♡

心配していた充電は…できました!!

が、何気なく普通に閉めたらカバーの蓋が閉まりきらないwww
→ちょっと綴じ側にズラすと閉まりました!
やはりPencil本体より長くなる肉球部分が、iPadカバー側面の充電用に空いてる部分よりちょいはみ出るので接触がズレやすく不安定なのは慣れるまでストレスかもしれません…うう…。

Apple Pencilカバー…かわいいけど使い方注意かも
かわいいなー!でも普通に閉めるとカバーの蓋が少し浮いちゃう図w

念の為、気に入った色(この手のやつでは珍しい茶系)があったのでごく普通のPencilカバーも買っておきましたー。これもいい感じですふふふ。
鈴屋が買った色のはないですが参考までに類似品のリンク貼っときます。

ペーパーライクフィルム(JPフィルター専門製造所)

画面をキズや汚れから守る意味で何かしらフィルムを貼る予定でしたが。
絵描きさんに好評なペーパーライクフィルム(紙のような書き味になるフィルム)にしてみました。

ペーパーライクフィルムはPencilのペン先のすり減りが早いと言われますが。
中でもコチラは「ペン先の磨耗を70%低減」とうたっている商品です。
普段画面操作する時と、お絵かき時の描き味と、バランスが良さそうかなと思いチョイスしました。

ペーパーライクな描き味を再現するペン先

後になってペーパーライクフィルムを貼らずにペーパーライクな描き味を再現できる!?というペン先を見つけました!すごーい!
いずれ画面保護に特化したフィルム+このペン先を使うのもアリかなと思います。
その方がペン先はどうせ消耗品なので理にかなってる気がします。

ifeliのペン先は低摩擦タイプと高摩擦タイプがあり、描き味が違うようです。
高摩擦は少し扱いが難しいようなので、まずは低摩擦から使い心地に慣れてみたい感じですね。

お絵かきソフト

人それぞれ使い心地、向き不向きあるでしょうけど。
結論としては、どのソフトが自分に向いているんだろうと迷う時間がもったいないので、とりあえず無料ソフトでガシガシ描き始めちゃえばいいと思う!です。

iPadでお絵かきできるソフトは色々ありますが、今回検討したソフトをいくつかご紹介しておきます。

iPadお絵かきソフト一例

  • アイビスペイント
  • メディバンペイント
  • CLIP STUDIO PAINT
  • Procreate

アイビスペイント

鈴屋がiPadで初めてのお絵かきソフトに採用したのはコレですー!

何といっても無料で一通りの機能が備わっています。
有料ブラシも動画広告を見れば一定期間使用できるとのこと(鈴屋は今の所、標準ブラシで試行錯誤中)。
デッサン/実写絵も描けますが、漫画絵の方に向いているソフトです。

無料なだけあって利用者の幅が広いので初心者さんの使用が目立ちます。
なかなか「こんな風に描けるならこのソフトを使ってみたい!」と思えるような絵師さんが見つからず二の足を踏みましたw(結局素敵な絵師さんを発見できてそれが決め手となりました♪)
ラフや途中までアイビスでやって仕上げはPC版CLIP STUDIOでという使い方をしているプロも多くおられるくらい、使い勝手と機能のバランスが良く愛用者が多いソフトと思われます。

メディバンペイント

こちらも無料ソフトです。
アイビスペイントよりも多機能だそうですスゴイ。
お絵かき不慣れさんにはアイビスの方が入りやすいのではと思います。

CLIP STUDIO PAINT

鈴屋はPC版(買い切り)を昔購入して持っており使っております。
高度な漫画絵、コマ割りなどの漫画を描くとなるとココに行き着くんでしょう。
プロの方にも愛用者が多い老舗ソフトです。

iPad版は買い切りではなく月額課金制になります。
iPadだけでお絵かきを楽しみたい方、お絵かき初めての方は、背伸びしてCLIP STUDIOにする必要はないと思います。
iPadでアイビスペイントやProcreateを使って描いたものを、PC版CLIP STUDIOに読み込むこともできますから。

Procreate

鈴屋が友達にオススメされたのはこのソフト。
買い切り1,220円(2022/3月現在)と安価なのに高機能&直感的インターフェースで使いやすい。
iPadお絵かきユーザーに大人気ですね!

漫画絵も描けますが、特にデッサン/実写絵、厚塗り派向けソフトです。
公式使用例はもちろんネット上の愛用者さんも惚れ惚れする絵が多く惹かれちゃいます。

App Storeのレビューを見る限り、アップデートのたびに改悪されている!とお怒りの方がちらほら。
ずっと愛用していると変化を不便に思うこともあるでしょうが、初めて使う人はあまり気にしなくてもいいかな?と思いつつ…

鈴屋はひとまず無料ソフトからスタートして、Procreate購入は見送りました。
今後値上げや買い切りでなくなる可能性もあるので、気になる方はお早めに購入しておくと良いかもです。

スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク
PR

別の選択肢:1台目はProじゃないのもアリ

あくまでも初めてのお絵かき用にiPadを購入する場合でですが。

iPhoneなどスマホと同じく毎日使えば2年程でバッテリーが劣化していくものだと思うので、消耗品と割り切って、1台目はあまりスペックを問わず安価なiPadを入手するのもアリだったかなと思います。

iPad Proや最新型iPad Airでない場合、Apple Pencilは第2世代ではなく第1世代対応になります。
使い勝手(機能や握り心地)が違うので、後の機種買い替え時に第1→第2に変わると何らか不便はあるかもしれませんが、多分鈴屋は第2世代固有の便利機能を使わないのでどっちから使い始めてもあまり問題なかったように思います。
あ、Pencil本体買い替え費用はかかりますけどねw

数世代前のiPadはPencilとセットなどで中古美品が多く出回っています。
バッテリー劣化状態は要確認ですが、安価でお絵かき環境が揃えられるので購入候補として一度チェックしてみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
初めてのデジタルお絵かき、iPad購入の何か参考になれば嬉しいです。

初めての機種やソフトだと最初は使い勝手がわからず大変だと思いますが、幸いネット上にノウハウが溢れていますから、公式やユーザーさんに助けてもらいながら少しずつ頑張ってみましょう♪

鈴屋もまだまだ購入したてなので、これから使い倒したいと思います。
お絵かきを自由気ままに楽しむぞー!