スポンサーリンク

猫コロナウィルス&ジアルジア陽性!勉強と対策の記録

猫コロナウイルス?ジアルジア?ボクは何もわからんにゃ
下僕も猫カビに感染しました!鈴屋です。

猫カビの話はまた別の記事にて。

今回は、我が家の新入り猫様が「猫コロナウイルス」と「ジアルジア」陽性だったことで始まった勉強と試行錯誤についての記録です。

「猫コロナウイルス」はその名の通り、ウイルス。
「ジアルジア」は、寄生虫です。

ウイルスや寄生虫については解明できていない部分も多くあります。
獣医さんによって見解が違うこともあるので、鈴屋のかかりつけ医さん(ちょっと変わり者なので診断も特殊かもしれない…)の話だけでなく、ネットでの様々な情報も参照しながら記していきます。

現在コロナやジアルジアに悩む飼い主様のご参考に、あるいは愛猫の健康について考える機会になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
PR

猫コロナウイルスもジアルジアも感染します!

鈴屋は先住猫2匹にウイルスや寄生虫のトラブルがなかった為、勉強不足&油断していました。

今から2匹目を飼うという方は、先住猫と接触させる前に、新入り猫さんがウイルスや寄生虫などを保有していないか、感染病を持っていないか、検査なされることをオススメいたします。

何らかウイルスや寄生虫等を保有していても、おおむね多頭飼いは可能です。
多頭飼いがストレス原因だとも言われますが、それも最終的には猫様の性格や引き合わせ方、生活環境によるのではないかと私は思います。

病気リスクの軽減や幸せな猫生の為に、猫の健康状態を知った上で、適切に治療対策や隔離を行ってあげられたらいいですよね。

スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク
PR

猫コロナウイルスとは

ヒトや動物に病気を引き起こすウイルスの一種であるコロナウイルス。
中でも「猫コロナウイルス(FCoV)」は、猫科動物がかかるウイルスです。

猫コロナウイルスには2つの型がある

  • 猫腸コロナウイルス(FECV)
  • 猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)

猫腸コロナウイルス(FECV)

猫の腸に感染するウイルスです。
日本猫の約半数とか、全体猫の80%などと言われるほど、実は多くの猫が保有しています。

病気を起こす力が弱いので、無症状だったり軽い下痢の症状を起こす程度のことが多く、健康な猫であれば生命に危険を及ぼすほどの状況になることはほぼ無いと思われます。
他の病気を併発した時や、免疫力が下がっている時などは、注意が必要です。

猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)

猫腸コロナウイルスが、猫の体内で突然変異を起こしたウイルスです。
特に子猫や老猫のように免疫力が弱い場合に致死性が高く、発症原因はまだ解明されていません。
ストレスが原因のひとつではないかと言われています。

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、発熱や食欲不振、嘔吐、下痢、体重減少など、他の病気でも起こすような一般的な症状に始まり、進行すると滲出型(ウェットタイプ)あるいは非滲出型(ドライタイプ)の症状を示します。

■滲出型(ウェットタイプ)の主な症状
腹や胸に水が溜まる、呼吸困難など

■非滲出型(ドライタイプ)の主な症状
黄疸、眼病変、肉芽腫性病変(腎肥大など)、神経症状(発作や麻痺)、慢性下痢など

猫腸コロナウイルスの感染経路

猫腸コロナウイルスの主な感染経路と考えられるのは下記です。
※猫伝染性腹膜炎ウイルスの方は、体内での突然変異によるものなので、発症した猫から他の猫へ感染することはないとされています。

  • 母子感染(感染した母体から子へ引き継がれる)
  • 感染猫の排泄物や使用物
  • 感染猫との濃厚接触(ケンカ、グルーミング等)

猫コロナウイルスの検査方法例

  • 猫下痢パネル
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)ウイルスパネル

猫下痢パネル

鈴屋家はこれで判明。参考価格11,000円。
下痢や嘔吐などが治らない時に、通常の検便ではわからない原因となりうる主要なウイルスと寄生虫について、まとめて調べられます。
新鮮な便を検査機関に送って遺伝子検査してもらうことで、1週間ほどで陰性(-)陽性(+)の判定結果が出ます。

  • 猫コロナウイルス(FCoV)
  • 猫汎白血球減少症ウイルス(FPLV)
  • Clostridium perfringens enterotoxin A(クロストリジウム・パーフリンゲンス エンテロトキシンA)
  • Giardia spp.(ジアルジア)
  • Cryptosporidium spp.(クリプトスポリジウム)
  • Salmonella sp(サルモネラ)
  • Trichomonas foetus(トリコモナス・フィータス)
  • Toxoplasma gondii(トキソプラズマ)
  • Campylobacter jejuni(カンピロバクター・ジェジュニ)
  • Campylobacter coli(カンピロバクター・コリ)

猫伝染性腹膜炎(FIP)ウイルスパネル

猫下痢パネルの場合は、猫コロナウイルス(FCoV)の有無はわかっても、それが猫腸コロナウイルス(FECV)なのか猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)なのかは、わかりません。
猫伝染性腹膜炎(FIP)の疑いが強い場合には、それに特化したこちらの検査が用いられます。

  • 猫コロナウイルス(FCoV)
  • 猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)
  • 猫腸コロナウイルス(FECV)

愛猫が陽性で色々調べて思ったこと

今回、愛猫が陽性で色々調べて思ったことは。
便や体調に問題があり調べない限りわからないので、愛猫が猫コロナウイルス(FCoV)を保有しているかどうか知らないままで一生を終える飼い主も多いんだろうなってことです。

調べる必要もなく元気に一生を終えてくれたなら、幸せなことです!

一旦感染すると撲滅はできないらしい

猫コロナウイルスは検査で仮に陰性になったとしても、それは検査基準値よりも下回っただけのことで、ゼロになったわけではない。
一旦陽性になった感染猫は、本当の意味で陰性にはならないと獣医さんに言われました。

完治できないってこと!?
私は結構な衝撃を受けて途方に暮れました…。

この時点で、もう全猫に感染している前提でお世話をしようと決意しました。

ウイルス量は減らしておきたいけど、その為に何ができるか

猫伝染性腹膜炎(FIP)と疑わしい症状が出た時は、急ぎ動物病院を受診!
治療方針を立てる為にも、適切な診察や遺伝子検査などで猫伝染性腹膜炎(FIP)を特定することが大事だと思います。

ゼロには出来ないとはいえ、猫腸コロナウイルス保有数を減らしておいた方が、致死性の高い猫伝染性腹膜炎(FIP)発症リスクを減らせることには恐らく違いありません。

ひとつの指標として、抗体価検査というものがあります。
抗体がどのくらい体内にあるかを調べて、ウイルスとの接触が過去にあったか、現在発症しているかなどを推察することができます。

ただ、血液検査だと思うので採取時にストレスがかかる。
抗体価は変動するし、ウイルスを撲滅できるわけではない。
抗体価が高い=FIPを発症しやすいとも断定はできない。
また、数値によって飼い主が一喜一憂することにもなるので…

例えば発症予後などに数値を知ることは有意義なんだろうけど。
獣医師さんの診断とアドバイスに従って、本当に必要だと思う時に活用したい検査ですね。

あくまでも一番大事なことは。
「猫様がストレスなく過ごせるように考えながら、健康状態を日々観察して、変化を見逃さないようにする」ことかなと思いました。

ジアルジアとは

ジアルジアは、ランブル鞭毛虫という原生生物のひとつです。
脊椎動物の腸管に寄生することで、下痢などを引き起こします(ジアルジア症)。

ジアルジア症は人獣共通感染症

ジアルジアは、人にも感染します。
逆に飼い主自身が保有していて無症状だった、というパターンもあります。
自身のトイレ後や、猫のトイレ掃除後は、手洗い大事!ですね。

ジアルジアの感染経路

ジアルジアの主な感染経路は、経口感染です。
感染猫の糞便に含まれるシスト(原虫の未成熟な状態の物質)が口から入ることで感染します。

ジアルジアの検査方法例

  • 猫下痢パネル
  • スナップ・ジアルジア

猫下痢パネル

前述の通り、猫コロナウイルスなど、下痢の原因となりうる主なウイルスや寄生虫をまとめて調べられる遺伝子検査です。
ジアルジアは通常の検便では見つかりにくい寄生虫だそうです。

スナップ・ジアルジア

鈴屋の通う病院では取り扱いがなかったですが。
糞便中のジアルジア抗原を検出する検査キットです。
抗原=病原体などが体内にはいったとき、それと反応する免疫物質(抗体)を形成するもの。
つまり、ジアルジア抗原があるってことはジアルジアおるやん!てことです多分。

下痢パネルより安価で精度は劣るかもしれませんが、ジアルジアの有無だけを手早く調べたい時に、こうした「検査キット」が用いられます。

ジアルジアの治療と経過

動物病院で、ペニシリン系の抗生物質と整腸剤を処方され内服しました。
ジアルジアは1週間程度で排出されて治るらしいですが、便などから経口感染するので、エンドレス感染になりかねません。
当面は3段ケージで隔離!トイレしたらすぐ片付ける!を徹底しました。

鈴屋家の場合は、環境の変化によるストレスなど一時的に免疫力が低下したことにより、元々保有していたジアルジアが発症したと思われるものでした。
本人の成長と、環境に慣れて落ち着いたこともあり快方に向かったようです。

先住猫も便が緩くなるなど不審点はありました。
正直それがジアルジアのせいかコロナウイルスのせいかは、わかりません。
獣医師の指示のもと、整腸剤やインターフェロンを使って様子見。
今は落ち着いていますし、症状が悪化しない限り厳密な検査(遺伝子検査など)はしないつもりでいます。

鈴屋が行なったコロナ&ジアルジア対策

陽性判定が出た後は、正直、どこもかしこも菌だらけ!としか思えなくなり困りましたw いや実際、日常には色んな菌がどこにでもいるわけで、無菌状態で生きるのは無理なんですが。

あまり神経質になりすぎて飼い主が疲れてしまってはいけないよ、と周りからもアドバイスをもらったので。
今までよりも少しだけ丁寧に念入りに、出来る範囲での対策を心がけました。

  • 一時隔離、食器などを分ける
  • トイレを素早くこまめに掃除
  • インターフェロンの塗布
  • 安定型次亜塩素酸スプレーの導入
  • 天然成分の消臭・除菌スプレーの導入
  • 空気清浄機の設置
  • ダイソン導入(掃除の見直し)
  • 市販整腸剤の活用

一時隔離、食器などを分ける

コロナウイルスはもう全猫に感染した前提ですが。
ジアルジア対策の為に、一時隔離と、食器など使用物を分けるようにしました。

トイレを素早くこまめに掃除

これも主にジアルジア対策で、いつも以上に出来るだけ素早く糞便を片付け、清潔を保つよう心がけました。

除菌スプレーを使用、手洗いも徹底です。
毎回の猫砂取り替えやトイレ本体の熱湯殺菌まではしていません。

インターフェロンの塗布

インターフェロンは、ウイルス増殖阻止や抑制、免疫系および炎症の調節などの働きをするタンパク質です。
獣医師の指示のもと、インターフェロンを口内の粘膜部分(はぐきらへん)に塗布しました。
鈴屋猫の場合、症状も軽度だったので注射(必ず下痢しがちって言ってた)ではなく粘膜から少しずつ摂取、という方法を選んだようです。

安定型次亜塩素酸スプレーの導入

猫コロナウイルスには、次亜塩素酸ナトリウムが効くらしい(一般的な殺菌剤は効かない)と知り、導入しました。

私が取り入れたのは、こちらのSourifという商品。
正確には次亜塩素酸ではなくて、安定型次亜塩素酸だそうですが。
やさしい成分で赤ちゃんやペットにも安心と書かれている除菌・消臭剤です。
主に布製品やケージ、トイレの除菌に使っています。

天然成分の消臭・除菌スプレーの導入

Sourif(スリーフ)が思ったより塩素臭がする(猫が好きなにおいw)ので。
コロナウイルス対策とは別に、生体や食器などもっと気軽にガンガン使えるタイプのスプレーも導入しました。

類似品はたくさんありますが、私が導入したのはWAFONA。
天然成分で作られた無添加の除菌・消臭・スキンケアスプレーです。
無色透明、無臭でただの水のようですが、猫用にPH調整もされています。

※鈴屋が購入した旧パッケージ表記「消臭・除菌・スキンケアスプレー」から、現行では「猫用オールインワンスプレー」になっているようです。
中身の改変があったのか、メーカー問い合わせ中!何かわかり次第追記します。

※電話でメーカー担当さんに聞きました!
中身の変更はなし!「消臭」や「スキンケア」という表記は薬事法的に問題があったため「オールインワン」という表現に変更になったそうです。
化粧品もですけど表現規制が難しいですよね〜(世の中には完全アウトな誇大広告が溢れていますがw)
ともかく、除菌消臭効果が薄かったから表記を変えたわけではなかった◎

\AmazonとYahooは猫用WAFONAが見つからなかったので、楽天市場だけリンク貼っておきます。新パッケージの現行品です。/


\For Pet(犬・猫・小動物共用)ならありますね!(外装違うのあるな…)/

空気清浄機の設置

猫カビのこともあり、無いよりはあった方が清潔でいられるかなと思って。
各社有名製品と散々迷った結果、光触媒によって除菌消臭する空気清浄機を導入してみました。

「世界レベルの空気清浄機」と謳われていますが、私は全く知りませんでしたw
「日本アトピー協会推薦品」シールが付いてます…へぇ…。
なんせ小型軽量&安価、フィルター交換不要でメンテナンスが簡単な所も魅力。
目視確認できないので効果は不明ですが、24時間稼働しっぱなしです。
効いている、はず!!

ダイソン導入(掃除の見直し)

ウイルスや寄生虫とは直接関係ないかもしれませんが、清潔を保つことが大切だ!アレルゲンやら猫毛、ホコリをもっとこまめに毎日掃除しよう!と思い立ち。
その為の一環として、ダイソンさんを導入しました。

窓のサッシや台所まわりなど、手抜きになりがちだった所も、ダイソンさん&乾拭き&除菌スプレーで掃除しましたよ。

市販整腸剤の活用

ズバリ、かの有名な新ビオフェルミンSです!
動物病院でも処方されていて、猫に与えても問題ないとのこと。

ちょっと軟便などの便不調の時に、あくまで補助的に少量をですが、細粒タイプを餌に振りかけて与えています。

※要注意:他の種類のビオフェルミンは乳酸菌以外に生薬等が含まれるので使用NGだそうです。

とても参考にさせていただいたサイト様

すごーく勉強させていただき、参考にさせていただいたサイト様を勝手にご紹介。

こんな風に徹底的な対策は出来ない…と思ったので結果、自分でも続けられる範囲での対策にはなりましたが。
お悩みの飼い主様にはぜひ!覗いてみてほしいです。

まとめ

ジアルジア(寄生虫)は、内服薬と掃除と隔離で、完治します!

猫コロナウイルスは、突然変異しなければ命に関わることはあまりないけど、一度感染したら生涯付き合っていかねばならないモノ…

そう考えると、正直荷が重いなと感じたりもします。
私だけでしょうか!?

鈴屋家の猫様たちの体調は、今は落ち着いていますが。
日々観察&お掃除も頑張ろう。

先輩飼い主様方の経験談なども参考にさせていただきながら、愛猫と一生向き合っていきたいと思います!