スポンサーリンク

愛猫のために注意したい!誤飲の話

猫様を守れるのは下僕である飼い主だけだ!
猫に包囲されてる!鈴屋です。

今日たまたま目にした記事。
「愛猫が気に入っているオモチャの紹介」だったのですが。
ちょっと危険なものばかりを無邪気に紹介していたので、モヤモヤしました。
有名な人がなんでこんな記事書いちゃうんだろうかと…。

読者の少ない私なんかが書いても何の意味もないだろうけど。
今回は「誤飲」について簡単ながら書き残しておきます。

スポンサーリンク
PR

誤飲とは?

主には有害なものを誤って飲み込んでしまうこと、です。

猫ちゃんで言うと。
何らか薬剤だったり、おもちゃや紐などの固形物だったりを、遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまうことを言います。

スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク
PR

誤飲したら、どうなる?

薬剤だと、内臓に重篤な影響を与えて不調をきたす可能性があります。
固形物だと、ごく小さなものであれば便と共に排出されたりしますが、窒息の危険に晒されたり、開腹手術になることも多いようです。
いずれも最悪の場合は死に至ります。

例えば、多くの猫ちゃんが好きな紐類。
ごく短い紐でも危険ですが、まさかこんな長い紐を!?という「まさか」が起こりえますので、取り扱いには注意が必要です。
気管や胃を塞いで、呼吸等に影響を及ぼしたり。
腸壁に張り付いてしまい開腹手術を余儀なくされたり。
飼い主さんが慌てて紐を引き抜いた際に内臓を傷めてしまうケースまで。
聞いて想像するだけでも怖くなりますよね。

いずれにしても誤飲を疑われる場合は、素人判断せずに至急、獣医師に相談しましょう。

誤飲しがちなもの

猫は思わぬもの、あらゆるものを誤飲してしまいます。

猫ちゃんによって趣味趣向、癖も違いますから。
多くの猫ちゃんがしていて大丈夫だから、うちの子も大丈夫、とは限りません。

愛猫の命を守ってあげられるのは、飼い主である私たちだけ。

誤飲しそうなもの。
猫が興味を持ち遊んでいるうちに飲み込んでしまいそうなもの。
改めて確認しておきましょう!

誤飲しがちな物の例

  • ねずみのおもちゃ
  • 紐類(くつ紐、巾着の紐、衣類の紐など)
  • ビニール類(コンビニ袋など)
  • ビニタイ(ねじってとめるワイヤー入り紐)
  • ティッシュ・トイレットペーパー
  • 錠剤の包装シート
  • ヘアピン・ヘアゴム・輪ゴム
  • こぼれた薬剤(除湿剤、洗剤等)

誤飲対策しよう

おもちゃは、飼い主主導で遊ばせて、遊び終わったら片付ける!
おもちゃ以外の日用品でも、危険と判断したもの(紐類や薬剤など)はしまう!
常日頃から部屋を片付けて整理しておく!

ごく単純なことですみません。
それしかないです。

片付ける場所の例

  • 猫が入れない部屋
  • 猫の手が届かない場所(絶対大丈夫と過信しない)
  • 猫が開けにくい、引き出し収納や扉付き収納の中

鈴屋家も試行錯誤しながら部屋を整えていっています。
先日Fitsケース(引き出し収納、衣装ケース)を買い足したのですが、高いだけあってやっぱり丈夫でイイし、小物類がしっかり片付きスッキリしました。

ちなみにFitsケースでも小型のものを床置きしていると、猫に開けられました。
開けやすいサイズや置き方はあると思うので様子を見てください!

まとめ

以上!簡単ではありますが「誤飲」のお話でした。
「最近油断してたけど気をつけなきゃね〜」と思ってもらえたら嬉しいです。

愛猫に危険が及ばないよう、日頃から注意したいですね。