スポンサーリンク

猫がゴロゴロ喉を鳴らす意味は?鳴らし続けて疲れないの?

ぶちゃ…w猫大好き!鈴屋です。

ちょっとしたご縁があり、お迎えした3匹目の猫様。

彼はちょっと触っただけでもゴロゴロと喉を鳴らします。
スイッチが入るとかなり長時間ゴロゴロスリスリ…
疲れないのかな?

ふと疑問に思ったので、改めてゴロゴロについて調べてみました!

スポンサーリンク
PR

ゴロゴロ音はどこから出ている?

猫科特有の行動らしい、このゴロゴロ音。
いまだに仕組みは解明されておらず諸説あるようです。

「ゴロゴロ音を発生させる猫独自の器官」は見つかっていないので、声帯あるいは喉周辺の器官に空気が入ったり振動させたりすることで音が鳴っている、と考えるのが自然であり有力な説となっています。

よく「喉を鳴らす」と言われるように、確かに喉付近が震えて音が出ているように思えますよね。

同じ猫でも、よくゴロゴロ鳴らす子と鳴らさない子がいます。
性格なのか器官的要因なのかはたまた…ゴロゴロの仕組みが解明される時はくるのでしょうか!?

スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク
PR

なぜゴロゴロ音を鳴らすのか?

メカニズムが解明されていないゴロゴロ音ではありますが。
鳴らす意味と考えられるものを挙げておきます。

母と子のコミュニケーション

猫は早ければ生後2日からもうゴロゴロ音を鳴らすと言われています。
母猫が所在を知らせる為にゴロゴロ音を鳴らし、子猫はその音に安心して鳴らし返すというわけです。

その始まりから、後述の「リラックス・満足・甘えている」時や「気持ちを落ち着かせたい」時にゴロゴロ鳴く行動へと繋がっていくんでしょう。

リラックス・満足・甘えている

コレが一般的には一番浸透していることかと思います。
パッと思いつくだけでもゴロゴロの場面はたくさんありますよね!

  • フミフミしながら
  • ご飯を食べながら
  • ご飯や遊びのおねだり
  • 撫でられてスリスリしながら
  • 飼い主が帰宅した時 など

なんだかうっとりしたような表情でゴロゴロいっている愛猫を見ると、それだけでホッとして疲れが吹き飛ぶよう♡

余談ですが。
鈴屋家の次男坊は、リサ&ガスパールのリサのぬいぐるみの耳をチュッチュと吸いながら、真顔で布団をフミフミするのが日課ですwゴロゴロゴロ。
ふとリサの耳から口を離すと、舌がめっちゃ高速でチロチロしていて、何度見てもむちゃくちゃ笑いますw

保護猫など生後早い段階で親から離れた子は、親離れ出来ずに大人になってもフミフミ(母親のお乳を押す仕草)をすると言われています。
寂しいのかな?甘えたいのかな?すると安心できるのかな?
獣医さんに聞いてみても、特に止める必要はない行動らしいので、気の済むまでやらせてあげています。

一生懸命フミフミチュッチュ

気持ちを落ち着かせたい

気分がいい時だけかと思いきや。
痛み、恐怖、緊張などから、気持ちを落ち着かせたい時にもゴロゴロ音を鳴らすそうです。

ゴロゴロ音は、人間にもリラックスや治癒促進効果があると言われている昨今。
猫自身、本能か経験からか、その効果をわかっているのかもしれません。

体調が悪そうではないか?緊張の原因は何か?
気にかけてあげてくださいね。

長時間ゴロゴロ言って疲れないの?

一番気になっていたコレについては、わかりませんでした。
有力な学説など何かご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて欲しいです!

いつもと違うゴロゴロ(音・様子)は、気にかけてあげなければと思うけれど。
幸せそうなゴロゴロについては、好きなだけ鳴らさせてあげても問題ないのではないかと思っています。
根拠は…特にございませんが、フミフミと似たようなものかなって。

まとめ

一番知りたかったことは、わかりませんでしたが。
ゴロゴロ音には色んな意味があることを再確認しました。

ウチの3匹目の猫様については、もしかして甘えていなければ不安なのかな?と思うふしもあって。
名前を呼んで「ここが君の居場所だよー」と言い聞かせながら、本人が飽きるまでゴロスリタイムをさせております。
ま、本人的には「ちょっと何言ってるかわかんないっす」の可能性大かもですw
てへへw

これからも気分よくゴロゴロ言ってもらえるよう、ご奉仕してまいります!