スポンサーリンク

【猫×一人暮らし】初めて猫を飼う時に準備したいモノ

猫の下僕になる準備
猫大好き!鈴屋です。

私が初めて猫を飼うぞ!となった時。
餌、トイレ、3段ケージ、キャットタワー、キャリーケース、爪研ぎ、おもちゃetc…ありとあらゆるモノをフル装備で揃えました。まだ飼うあても決まっていない猫不在状態なのに。完全に猫部屋化。浮かれ過ぎですw

でもそのぐらい、不安と期待で本当にワクワクドキドキしたのを覚えています。

私と同じく特に一人暮らしで初めて猫を飼おうとしている方へ、幸せな下僕生活に向けて準備しておきたいものをまとめてみました。

スポンサーリンク
PR

猫を飼うのに大前提として必要なモノ

準備うんぬんの前に、絶対に必要なモノを念の為確認です。
そんなん言われるまでもない!猫の下僕になる覚悟はありまくりだ!という方は読み飛ばしてください。

CHECK!

  • 猫を一生愛し養っていく責任と覚悟を持つ
  • 猫可物件に住む

猫を一生愛し養っていく責任と覚悟を持つ

動物を飼うとなると、その命を預かる責任と覚悟が必要です!!

自分都合だけでなく猫を念頭に置いた日常生活、出来そうですか?
一人暮らしだと例えば旅行に行く時は誰かにお世話を頼む必要があります(自動給餌機や自動トイレなど活用する方法もありますが)。現在の自分の生活の中に猫が組み込まれた場合のシュミレーションをしてみてください。

人間の都合で捨てられる動物がたくさんいる現実があります。
病気などでやむを得ず飼えなくなった時でも必ず新しい飼い主を探すなど、動物の命に対して最後まで責任を持つ。当たり前のことなんだけど…みんながそうなればいいなと思います。

猫可物件に住む

鳴き声や大運動会の音がめちゃんこ響くかもしれない。
猫アレルギーや猫が大嫌いな住人がいるかもしれない。
もし管理人や住人とトラブルになったら?急に退去勧告されたり訴訟を起こされたら?

自分は大丈夫、バレないと思っていても、起こる時は起こってしまう。
ペット可物件に住んでいてもトラブルリスクはもちろんゼロではないけれど。100%自分が悪いリスクは負わないに越したことはありません。

バレたら手放せばいいという選択肢を持っている人は、そもそも猫を飼わず猫カフェで我慢した方がいいかもしれません…。

スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク
PR

準備するもの① 猫餌

ざっくりと説明します。
その子の嗜好や成長スピードによって違うので、日々の観察が大切です。

病院にかかっている場合は獣医さんの指示に従った食事(食事療法食など)をあげてくださいね。

  • 幼猫(生後2週間位):子猫用ミルク
  • 子猫(〜4ヶ月齢位):ペースト状フード
  • 子猫(〜生後1年位):子猫用ドライフード
  • 成猫(生後1年位〜):成猫用ドライフード

幼猫(生後2週間位):子猫用ミルク

ペットショップやホームセンター、動物病院で売っています。
人間用ではなく必ず子猫用を使用します。

子猫用ミルクは、規定量をお湯で溶かして35度の人肌くらいに冷ましてから、スポイトやシリンジで少しずつ与えます。
哺乳瓶だと吸い口を噛み切って飲み込んでしまう子がいるらしいので注意してください。慣れたら徐々にお皿から飲むように促していきます。

ウチの子は2匹とも、朝まで哺乳瓶でもりもり飲んでたのに、ウチに来た午後からミルクを飲まなくなりましたwやる気満々でミルク用意したのに2度とも未使用!環境が変わるとちょっぴり大人になるのかもしれません。

【迷ったらコレどうぞ!】
森乳サンワールド ゴールデンキャットミルク

子猫(〜4ヶ月齢位):ペースト状フード

ミルクを卒業した(あまり飲まなくなった)子猫には、ペースト状フードや、ドライフード(カリカリ)をお湯やミルクでふやかして与えます。
ふやかすフードによって味や硬さの好みで食べたり食べなかったりするので、色んなフードを試してみてくださいね。

【迷ったらコレどうぞ!】
ロイヤルカナン マザー&ベビーキャット(ウェットトレイ)
ロイヤルカナン マザー&ベビーキャット(カリカリ)

子猫(〜生後1年位):子猫用ドライフード

ドライフード(カリカリ)が安定してそのまま食べられるようになったら、月齢に合わせた子猫用のドライフード(カリカリ)を与えます。
成猫用を食べたがる子もいますが、成長期なので栄養価が高く作られている子猫用をあげたいですね。

猫は好みにうるさいと言われています。
食べてくれない可能性もあるので、初めて餌を買う時は大容量ではなく少量のものにして試してみるといいですよ。

【迷ったらコレどうぞ!】
ロイヤルカナン キトン(カリカリ)

成猫(生後1年位〜):成猫用ドライフード

私は色々な餌を試した結果、品質と値段と食いつきのバランスでロイヤルカナンをメイン使用しています。ロイカナの回し者ではありませんw
ロイカナ以外だと、オリジンやアカナがお気に入りです。

ニュートロのナチュラルチョイスも、良質なのにオリジンやアカナより手頃な価格なので続けやすくて◎
私は餌自体がいい匂いで好きなのですが、友達は「ウンチがめちゃ臭くなる!」と言いますwぜひ一度お試しくださいwww

※ニュートロはMARSと経営統合してから品質が落ちた等、言われたりしますが。
人間のご飯と一緒で「どこまでこだわるか」と自分の経済状況もふまえて考えたら、個人的には気にしすぎなくて良いと思っています。
※ロイカナにせよニュートロにせよ、今の鈴屋家に「ちょうどいい」と思った餌を愛用していますよー!最終判断権は猫様にありますw(鈴屋家の猫様的に今はニュートロが一番人気)

出来るだけ良いものを食べさせてあげたい…
でも特に子猫の時は好き嫌いで餌自体を食べてくれないことの方が良くないと思ったので、前述のものよりもっと安価&有名どころも含め、色々な商品にお世話になりました。

いつもの餌に飽きて食べなくなったり、餌が廃盤になって入手が出来なくなった時、他の餌を全く食べてくれないと困るので、いくつかのフードをローテーションであげるのがベストだそうですよ!

子猫用フードと同じく、味の好みで食べてくれない可能性もあるので、初めての餌を買う時は大容量ではなく少量のものにして試してみるのが良いかと思います。

【迷ったらコレどうぞ!】
ロイヤルカナン インドア(カリカリ)
ナチュラルチョイス 室内猫用アダルトチキン


最近、自然食品屋のおっちゃん(経験値と熱量が凄い)に勧められて、ナチュラルバランスをお試し中です!
鈴屋家は三男が太り気味なんですが「自然食だとあまりカロリーを気にしなくても適正量を食べるようになる。食べ過ぎると言うことはない」と言われて、マジすか…!?と試さずにはいられませんでした。
ただ、価格帯が少しお高め(恐らく品質の割にはリーズナブル)。
胃腸が弱いとお腹が緩くなる子がいるという口コミを見たので、ちょっと時間をかけて慎重に判断したいと思っています。

準備するもの② 餌・水用の器

餌や水を入れる器をそれぞれ用意します。
猫は好みにうるさくて器の材質によって食べない子もいるそうです。
それもふまえ最初は手持ちの皿で十分だと思いますし、100均などで試しに買ってもいいと思います。

給水器については、キャットケージに固定するウォーターディッシュやウォーターノズル、ペットボトル使用の水飲み皿(ウォーターフィーダー)など、色々なタイプのものがあるので、成長や状況に合わせて導入してください。

給餌器についても、自動給餌器など便利なものがありますが、最初の選択肢としてはナシでいいかな。

【迷ったらコレどうぞ!】
リッチェル ウォーターディッシュS(ケージ取付用)
リッチェル ウォーターノズル(ケージ取付用)
リッチェル ウォーターフィーダー

準備するもの③ 猫トイレ

幼猫の時は、大きめのタッパーとかでイケますw
子猫の間は子猫用の入口が低くて入りやすい小ぶりなトイレを。
成猫になったら、体に合わせて大きいトイレに変更してあげたら良いです。

が、ウチでは大きいトイレがあるにも関わらず、子猫の時使ってた小さいトイレの方が人気ですwはみ出ながら使ってます!猫あるあるw

トイレは、シンプルな開放型、ハーフカバー型/ドーム型(砂が飛び散りにくい)、二層システム型(固まらない猫砂→すのこ→下のトレーに敷いたシートへ尿が落ちる構造)など色々なタイプがあります。

猫の好み、飼い主の掃除のしやすさなど、色んな観点から総合的にお試しください。病院に尿を提出したい時や日常的に尿の色など観察する場合は、二層システム型が一番いい…とは思いつつ、開放型トイレ×固まるおからの猫砂を愛用している鈴屋です…。

【迷ったらコレどうぞ!】
リッチェル コロル ネコトイレF40

準備するもの④ 猫砂

トイレに敷き詰めるやつですね。
猫がトイレを使った後にアレとかソレとか出したものを隠すためにザッザッとかくやつです。

猫砂には鉱物系、紙系、木系、おから系、シリカゲル系など素材が色々あります。おしっこしたら固まるもの、二層システムトイレ用に固まらず流れるもの、臭いを軽減するものなど、機能も様々なので、導入するトイレと合わせて検討しましょう。

粒の大きさ、硬さ、においなど、トイレを使ってくれるかどうかは猫の好みもあるので試してみるしかありません。

開放型トイレ×固まるおからの猫砂を愛用していると前述しましたが、猫は猫砂で遊んだり食べてしまうことがあるんです。少量とはいえ極力食べても害が少ないものにしたかったのと、固まり方の扱いやすさを友達にオススメされて、私はおからの猫砂を選択しました。独特なにおいはありますが私は最初から気にならず、猫もすぐ使ってくれましたよ。ホッ。

【迷ったらコレどうぞ!】
コーチョー ネオ砂(オカラ)
コーチョー ネオ砂(システムトイレ用)

準備するもの⑤ キャリーケース

お迎えする時、病院に行く時、室内でも寝床として活躍しますので、1匹に1個は買っておいた方が良いです。

私は、子猫用にスリング、成長後はハードケース(リッチェルの上も開くやつS)と布製リュックタイプ(コーナンブランドのやつ)を使っています。ペットキャリーはお値段ピンキリですが、デザインと価格と機能がほどほどに納得できる所で手を打ちましたw

★追記★
リッチェルのハードケース2台目購入にあたり、上が開かないタイプ(ダブルドアじゃない方)を持ってみたら、めちゃめちゃ軽く感じました!!ので、2台目はダブルドアじゃない方にしてみました。たかが300g、されど300g…!
慣れない方はダブルドアの方が猫を入れやすいとは思うので、ご自身が感じる重さや価格でご検討くださいね。

【迷ったらコレどうぞ!】
リッチェル キャンピングキャリー S
リッチェル キャンピングキャリー ダブルドアS

準備するもの⑥ 寒暖対策物

猫も人間と同じで風邪をひくし、バテたり熱中症にもなります。
特に子猫の間は体調を崩しやすいので、暑さ寒さには注意が必要です。

成猫だと室温18〜28度程度、生後2週間位までは室温30度前後がベストだと言われています。幼猫は体温調節ができないので少し高めですね。

猫の様子を日々よく観察して、快適な温度を探して対策してあげてください。

暑さ対策物

エアコン、扇風機、冷感の敷物など。

人間にとってもですが、エアコン大事!!
ペットが居る家はエアコンをつけたまま外出するから光熱費が大変、なんて話はよく聞きますね。

鈴屋家の場合は、マンションで四方を囲まれている&遮光遮熱カーテンが機能しているのか、夏場そこまで暑くならなかったので1日中つけていることはありません。日中だけタイマーでつけたり様子を見ながらです。陽が当たる場所と、日陰と、室内に寒暖差(逃げ場)があるようには気をつけています。

寒さ対策物

キャリーケースで移動中などの簡易利用だと、ホッカイロやペットボトルにお湯を入れたものでも暖をとれます。直接猫の肌に触れると火傷の恐れがあるのでタオル等でくるんでください。

ペット用の小ぶりなホットカーペットも便利です。留守の間ずっとつけておいても気にならないし、暑くなったら猫自身が別の場所へ逃げられていいです。

ファンヒーターや電気ストーブ等の各種暖房器具は、転倒による怪我、火事や火傷など安全面にも注意して取り入れましょう。

その他:あるといいもの

前述までのものは、猫をお迎えするその日には必ずあった方がいいもの。
以下は様子を見ながらご検討いただくといいかな?ってものです。

  • 爪切り
  • 爪研ぎ
  • キャットケージ
  • キャットタワー

爪切り

早々にあった方がいいです。
動物病院でも切ってもらえますが、日常的なケアになるので、最初は深爪にならないかビクビクしますが少しずつ慣れていきましょう!不器用&ビビリの鈴屋ですら出来るようになりました!

ていうかウチの1匹目の猫は、トリマーの友達に「お断りするレベル」と言われる程の凶暴ぷりでしたが、去勢手術と月日を経て、今では爪切り中もゴロゴロいうドM変態猫になりました(良かったー)。諦めないで!!

爪研ぎ

これも早々に買っておいてください。
3つセットとか超使い捨ての安いやつで十分です。
家具を傷つける前に「コレで研ぐんだよー」と与えてあげるのがイイかと思います。子猫でもある日突然いっちょまえに爪研ぎしますw

これまた回し者ではないんですが、コーナンやダイキなどホームセンター独自ブランドの爪研ぎが安くてなかなか使えるのでオススメです。

キャットケージ

子猫のうちは留守の間に思わぬ所へ入って怪我をする可能性もありますので、昼間留守にされる方には、キャットケージの購入をオススメします。

成猫になってからもずっとケージ飼いしている方もいますね。ケージの中が安全で落ち着くとインプットされると、ケージで過ごすことをストレスに感じない(むしろ良きテリトリー)らしいですよ。

キャットケージは、1段~3段まで、スチール製や木製、プラスティック製などデザインも様々あります。

私は張り切って3段ケージを買いましたwスチール製は上り下りの時にガシャガシャ結構音がすると聞いてプラ製に。1匹目の子猫のうちだけ3段で使用して重宝しました。以降は1段目だけを餌とトイレ置場に使っています。
正直、子猫のうちしか使わないなら1〜2段でOKだったと思います。

キャットタワー

猫の健康のためには上下運動が大切なので、棚やキャビネットなどの家具で段差を作ってあげると良いです。

一人暮らしのお部屋だとスペースも限られるので、手っ取り早くキャットタワーを導入するのもアリだと思います。

キャットタワーは全く使ってくれない(お気に召さない)猫もいるし、あまり高さのあるタワーだと下僕の方が見ていてヒヤヒヤするので、最初は据え置き3~4段くらいでお安めなキャットタワーにすることをオススメします。

鈴屋家のキャットタワーはまさに据え置き4段(高さ150cmくらい)で安めのやつでしたが、3年使ってまだ現役です。でも友達んちのキャットタワーの柱の爪研ぎは数日で破壊されていたので、どのくらいもつかは使用する猫によるみたいですw

まとめ

いかがでしたか?具体的な準備のイメージがわきましたか?
私は当時を思い出すだけで楽しかったですw(自己満足ですみません)

超ざっくり簡単まとめは3点だけ!

CHECK!

  • 猫を一生愛し養っていく責任と覚悟を持つ
  • 猫可物件に住む
  • 餌・トイレ・キャリーケース・寒暖対策物などの準備

以上、レッツエンジョイ猫の下僕ライフ♪