スポンサーリンク

【猫毛対策】タオルや衣類に猫毛がつくのを軽減する方法は?

猫毛対策するにゃ?
猫大好きィィィ!鈴屋です。

下僕の宿命と諦めていいものかどうか?
猫は大好きだけど、猫毛には悩まされることがあります。

この1ヶ月、グーグル先生と皆様にノウハウを聞きながら、ズボラな自分なりに猫毛対策をしてみたので記事に残しておきます。

スポンサーリンク
PR

猫毛に困る場面の具体例

具体的なあるある例としては、こんな感じでしょうか。

  • いざ外出して初めて毛だらけなことに気づく
  • スーツなどフォーマルに付くと目立つ
  • タオルに付いて風呂上がりに体につく
  • スキンケア時に顔につく
  • アレルギーが発症・悪化する

室内で確認した時はそんなに気にならなかった&コロコロしたのに、いざ外出したら「めっちゃ付いてた!」ってこと、ありません?w

一時、私が一番気になったのはスキンケア時に顔につくことでした。
オールインワンジェルとか粘り気のある化粧品の時が最悪でイライラしてしまったこともあります。

対策のおかげか今現在は気になりません☆

スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク
PR

今日からできる!猫毛対策

生き物と暮らす限り、ゼロにするのはもちろん難しいけれど。
より心地良く暮らす為に、できることは今すぐトライ!です。

  • こまめに掃除する
  • 猫をブラッシングする
  • 猫毛対策用の洗濯洗剤・ツールを使う
  • 空気清浄機を使う
  • 猫毛が付きにくい素材の服を買う
  • 猫を洗う(オススメしない)

こまめに掃除する

鈴屋家はついサボりがちですが。
やはり毎日きちんと掃除すれば、猫毛も舞いにくくなり、洗濯物や衣類への付着が減りますね。
猫毛どころか全体がキレイになるんだから、イイコトしかないです。

コロコロ、掃除機

基本中の基本。猫の毛って繊維に入り込んで取れにくいけど根気良く!

固く絞った濡れタオル

ネット情報を参考に試してみると効果大で驚きました!
毛布や衣類をなでるように拭くと、猫の毛がかなり取れてオススメです。

猫をブラッシングする

元から対策!猫様をブラッシングして抜け毛に先回りしちゃいましょう。

ブラッシングは飼い主とのコミュニケーションのひとつ。
気持ちよくて喜ぶ子もいれば、嫌で逃げたり怒る子もいます。
出来そうなら、毎日とかしてあげると良い感じです!

ウチの子は、2匹とも長毛種ではないですが、こまめにブラッシングすると一定の効果を感じましたよ。

ちなみに、1匹はゴロゴロ喜びますがお腹はブラッシングさせてくれません。
コロコロすると気持ちよくて喜ぶようになったので最近は猫本体に直接コロコロしたりもしてますw
もう1匹はブラッシングされるのが嫌い…というよりはブラシをおもちゃだと思っていて遊ぼうとするから、やりにくいw

猫毛対策用の洗濯洗剤・ツールを使う

まず、洗濯機のくず取りネットのゴミは、こまめに取っておきましょう。
その上で、専用洗濯洗剤や洗濯ボールを導入してはいかがでしょう?

猫毛がつきにくくなる洗濯洗剤

1本使ってみた所、衣類に付きにくく&取れやすくなった実感がありました!
普通の洗濯洗剤に比べて高価なので、私は常時使用するのは難しいですが…常用を検討したいと思っています。

洗濯ボール

本来、洗濯物を絡みにくくして水の循環を良くすることで洗濯効率を上げる用途のものですが、猫毛が取れるぞ!という情報を目にしたので。
洗濯物と一緒にポンと入れて洗濯するだけなので、面倒くさがり屋さんもOK!

私はホームセンターで購入しましたが、100均にもあるそうですね。
色々な素材のものがある中で、猫毛が取れそうなのでスポンジ製をチョイス。
ウチは長毛猫ではないけど、思ったより取れたので継続使用中です☆

ドラム式洗濯機や短毛猫だと効果が薄いという口コミもありましたが、安価なので一度試してみてください。

空気清浄機を使う

長毛種を飼っている知人が、無いよりはあった方が幾分マシだと言っていました。
空気清浄機や脱臭機を買うついでがあれば、ペットの匂いや猫毛に言及している製品を導入してみてもいいかもしれません。

ウチではペット用と明示しているオゾン脱臭機(空気清浄機能も付いている)を使っていますが、匂いはともかく猫毛に対しての実感は特にありません。

→追記☆
久しぶりにフィルター掃除してみたら、猫毛とは断定できないけど、かなりホコリが付いていました。
「集じん機能付き脱臭機」でもある程度効果があるので、空気清浄機だと更に効果が得られるかもしれませんね!

猫毛が付きにくい素材の服を買う

ちょっと脱線しますが、コートなどを購入する時に、猫毛が付きにくいかどうか念頭にある方も多いのではないでしょうか?私はそうです。

ウール製などは猫毛が繊維に入りこんでコロコロしてもなかなか取れない!綿や麻などの布製かナイロン製だと、付いても取れやすいので扱いやすいです。

一軒家や部屋数が多いお宅ならともかく、一人暮らしだとどうしても猫の居る部屋で服を保管することになり完全回避は難しいので。予め付きにくい服を選んだ方がストレスなく快適に過ごせます。

猫を洗う(オススメしない)

これは私はやっていないし、やる予定はありませんが…

通っていた整体院の整体師さんが猫アレルギーだったんですけど。
毎日猫をお風呂に入れている知人宅では一切アレルギー症状が出なかった、という話を聞きました。
猫を洗う→古い皮膚片や抜け毛が取り除かれる→猫毛も舞わなくなるのだと予想されるので、一応書いておきます。

でも、シャンプーが好きな子や慣れている子以外は、無理にお風呂に入れないであげてくださいね〜!

猫は本来一生洗わなくてもいいとさえ言われている動物です。
自分で毛繕いしてキレイにするので猫自体にはほとんど匂いがしないほどです。
ウチの子は太陽の匂いとか赤ちゃんの匂いがするw
室内飼育であれば余計に、ジャブジャブ洗わなければいけない程に汚れる機会もないでしょう。

まとめ

ごく当たり前のことばかりでしたね!?スミマセン。

  • こまめに掃除する
  • 猫をブラッシングする
  • 猫毛対策用の洗濯洗剤・ツールを使う
  • 空気清浄機を使う
  • 猫毛が付きにくい素材の服を買う
  • 猫を洗う(オススメしない)

1ヶ月以上、意識して猫毛対策を実践してみた結果。
やっぱり「こまめに掃除する」というごく普通のことが一番大事で、猫毛対策の効果がきちんと出る方法だと思いました。

毎日ちょっとずつのお掃除、あなたも見直してみてください!