スポンサーリンク

【続・猫毛対策】グローブとぱくぱくくんを使ってみたよ

続・猫毛対策!グローブとぱくぱくくん
今さら夏バテ!鈴屋です。

3男(長毛種)が来たこともあり、続・猫毛対策。
もっともっとお掃除楽にならないかなぁと考えて、猫毛対策アイテムをネット検索してしまいます。
面倒くさがり屋さんです。

  • グルーミンググローブ
  • カーペットクリーナー「ぱくぱくくん」

今回は愛猫家の間では定番と言えるかもしれない、この2アイテム。
試しに使ってみたのでレポートしておきます!

※結論は「普通にグルーミングブラシが優秀だよ!」って話ですw

スポンサーリンク
PR

鈴屋家の猫毛取り方法

現状はコチラ。
フツーですが鉄板で間違いないやつです!

  • コロコロ(粘着テープ)
  • ダイソンさん(掃除機)
  • 硬く水を絞った雑巾(布製家具に)
  • 霧吹きで濡らして手で擦る(布製家具に)
  • グルーミングブラシ(長男だけ喜ぶ)
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク
PR

有名な猫毛対策グッズ2点!試してみたよ

  • グルーミンググローブ
  • カーペットクリーナー「ぱくぱくくん」

みなさん一度は目にしたことがあるのでは!?
そんなに猫毛が取れるの?と興味は抱いたものの、半信半疑で手を出せなかった方もおられるかと思います。
実際に使ってみたので感想をお届けします♪

グルーミンググローブ

類似品がかなりあります。
メーカーによって多少、ブラシの細かさや固さなど違うので、取れ方が違ってくるかとは思います。
とりあえず猫様の反応を見るべく安価なものを購入してみました。

結論、鈴屋家では役に立ちませんでしたw

役に立たない、は言い過ぎかもだけど。
ブラッシングが嫌いな子に少しでも使えたらいいなと期待しましたが、鈴屋家ではダメでした。
みんな人間が背中を指でつつーっとされた時みたいな反応したり逃げてったw

もちろんお試しいただく価値はあるのでぜひぜひ!

ブラッシングを好きな子に試しても、ブラシよりは取れず。
付いた毛がシートのようにペロっと簡単に取れる!って書いてるグローブもあったけど、鈴屋が購入したやつはダメで、かき集めて地道に取る感じ。
これが面倒臭い(面倒くさがり!)。
だったらブラシでええやん、となってしまいました。

グルーミンググローブだよ

カーペットクリーナー「ぱくぱくくん」

「カーペットクリーナー」ですから、カーペット用です。
やわらかく細い毛のカーペットに使えば、ごっそり取れるやつだと思います。
(かなり取れるみたいなので、ぜひお試しあれ!!)

結論、鈴屋家では役に立ちませんでしたw

参考)鈴屋家使用のタイルマット
東リ 洗えるタイルカーペット アタック350リップルパレット (スマイフィールアタック350から商品名変更)

マットだにゃん

ダイソン掃除機のノズルにも同じようにエチケットブラシ素材が付いていて。
このタイルマットに掃除機をかけるとゴッソリ毛が付きますが、さっと取って捨てられるので楽チンなんです。
だからイケるかな!?と思ったのですが、このクリーナーではほとんど猫毛が取れませんでした…。

多少は取れるのですが、ローラーを掃除する面倒臭さの方が半端ない!!
→当面はお蔵入りとなりましたw
いつか適したカーペットを取り入れた時にまた試したいと思います。

カーペットクリーナーのぱくぱくくんだよ

やっぱ王道!普通にグルーミングブラシが優秀

せっかく新たなグッズ2点を試して記事にしましたが。
普通にグルーミングブラシが一番取れるし扱いも簡単で良い!!という結論に至りましたw

鈴屋家では、形の可愛さに惹かれて「ピロコームE1」を愛用しています。

やっぱ王道でブラシだな
写真左:グルーミング好きの子、毎日ブラッシングしてるけど取れる〜。
写真右:グルーミング嫌いの子、3かきでこんだけ取れた〜。
※毛の生え変わりでたくさん取れる時期の例!

グルーミングブラシと言えば、最も有名なのは「ファーミネーター」でしょう。
友人宅で使ってみたら、めちゃくちゃ取れて気持ちよかったです!!!
2台目はコレに決めてます。

※ファーミネーターもどき(類似品)でも十分取れるそうですが、刃先の加工等に問題があり愛猫の肌を傷つけるなどのリスクも考えられるので、ご利用の際は、正規品or類似品の確認と、購入者の口コミなどを参考にご注意ください。

まとめ

いかがでしたか?
試してみようかなと思えるアイテムはありましたでしょうか?
お宅の環境状況や猫ちゃんの毛質などによって結果は違ってくるかと思いますが、今回の記事がご参考になれば嬉しいです。

また何か使ってみたらレポートしますね!
さーて、今日もお掃除しよう♪