スポンサーリンク

【ポイ活】獅子の如く編:無料アプリゲームでお小遣い!

無料アプリゲームで【ポイ活】しよ!
コロナ関係なくGWまで引きこもりだった!鈴屋です。

ほぼ愛猫とゴロゴロしているだけのダメ人間でしたが><
折角なのでその間に無料アプリゲームでポイ活!お小遣い稼ぎをしてみました。

その中から「獅子の如く〜戦国覇王戦記〜(iOS用)」について、鈴屋が条件達成した流れや状況、コツをご紹介します♪

※ポイ活とは?
お小遣い稼ぎや節約術としても注目されている「ポイントを貯めて、お得に使う活動」のことです。
今回のポイ活は「ポイントサイトを経由して無料アプリゲームをやり一定条件を満たすことでポイントゲット!(換金可能)」になります☆

アプリゲームによるポイ活に慣れていない鈴屋でもできました!
効率よくポイントゲットする為のご参考にどうぞ〜。

スポンサーリンク
PR

今回利用したポイントサイトは「ポイントインカム」

ポイントサイトはたくさんありますが。
今回のポイ活で利用したのは「ポイントインカム」です。

鈴屋は累計43万ポイントのプラチナ会員☆
もう長年愛用しているポイントサイトなので、安心してオススメできます!

たまにゲームやカード発行をしますが、主には楽天市場などで買い物する際に利用しています。
ポイントインカムを経由するだけで、楽天ポイントとは別にポイントサイトのポイントも貯まるので、通販生活ラブな方(私だ)にはもってこいなのです♪

同じアプリゲーム案件でも、ポイントサイトによって達成条件が違います。
またタイミングによってキャンペーンでポイントアップしていることがあります。
せっかく頑張っても成果承認されなかったらショックなので、特に期限など、よくよく確認してから始めるようにしましょう。

スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク
PR

獅子の如く〜戦国覇王戦記〜(iOS用)

戦国時代が好きな人にはたまらんゲームでしょうか。
鈴屋も昔は日本史好きだったけど忘れてしまっていたので、特にウハウハせずにやりきりましたw
武将は美形を贔屓して使いました(真顔)。

で、3週間で「御殿レベル18」というポイント付与条件を達成出来ましたよ!

条件達成のコツ

  • 一族には加入しよう!途中で移籍もOK
  • 一族奥義など寄贈を積極的にしよう
  • 1人コツコツと毎日任務やイベントをこなす
  • 御殿レベル上げを最優先に普請を進める
  • 普請2隊列目と加速道具を活用する
  • 非安全資源はなるべく早く使う
  • 寺院隠兵と採掘で兵を逃して襲撃ダメージを減らす
  • 学問所での研究は最小限にとどめる
  • 第二級資源地帯に移転しない選択も

一族には加入しよう!途中で移籍もOK

開始早々で近くの活動的そうな一族に加入しましょう。

一族加入のメリット

  • 相互援助により普請や訓練、研究時間を短縮できる
  • 一族でイベントに参加できる(資源など報酬入手)
  • 寄贈で貢献値を貯めると一族店舗でアイテム交換可能
  • 一族が発展、構成員が貢献すれば、様々な特典がある
  • 強い一族に加入すれば敵襲を受けにくくなる

最初から強い上位一族に加入するのは難しいかもしれません。
強い一族は満員だったり加入条件(戦力がいくつ以上とか)があったりしますし、不慣れだと活動についていけない可能性もあります。
とりあえず近場の初心者でも入れる一族に加入して、寄贈などの仕組みをわかって多少戦力が付いてから、もっと強い一族への移籍を考えるといいかと思います。
ちょこちょこ全国会話(チャット)で構成員募集もしてますよ。

鈴屋はあまりやる気のある活動的なプレイヤーではなかったので、揉めない為にも弱い一族員のまま終わりましたw
一族員のみなさま良い方達でお世話になりました〜。

ゲームをやめる前には一族チャットで一言挨拶の上、一族離脱しておくと良いかと思います。

一族奥義など寄贈を積極的にしよう

一族が活発でないと一族対抗のイベント参加は少ないかもしれませんが。
寄贈は毎日個人的にできますので積極的に行い、一族に貢献しましょう。
一族→一族奥義か、一族→一族宝蔵の寄贈から、寄贈できます。

寄贈って寄付でしょ?寄付する余裕なんてないのに。
もったいないと思って「寄贈」しないでいると追放されることもありますよ。

寄贈により貯まる貢献値(ポイントみたいなものかと)は一族店舗でアイテムと交換できます。
次項の「毎日任務」も2項目消化できますから、大いにする意味はあります。

個人的には、襲撃により略奪される可能性がある非安全資源は、一族へ寄贈した方が有意義だと思います。
すぐ普請に使えない時や余った時は特にどんどん寄贈していましたw

1人コツコツと毎日任務やイベントをこなす

一族対抗イベントは、一族に戦力がないと旨味が少ないかもしれませんが。
1人で毎日コツコツできるイベントもあるので、最低限それはこなしてください。
画面下の「任務」や右上の「イベント」をチェックです!

無条件にもらえるものもあるので、赤い未確認マークを目印に、もらい忘れないようチェックしましょう。
毎日ログインギフトや一定時間経過毎にもらえるオンラインギフトなどです。

「毎日任務」について

1人プレイだと普通にやれるのは「550」までかなーと思います。
「550」で武将登用に使う召集令がもらえるので、SSR武将が引けた時のためにもコツコツ貯めておきたい所です。

探宝と探訪を加速道具を使って3回以上やったり、一向一揆を何回かこなせれば「700」も可能になってきます。
「700」では両金がもらえるので嬉しいですねー!

御殿レベル上げを最優先に普請を進める

普請(ふしん)=土木・建築の工事=各施設のレベル上げのことです。

序盤は基本画面左下の「評定」をこなしても良いかと思いますが。
目的はポイント付与条件達成なので、御殿レベル上げを最優先に考えて進めます。

御殿をタップ→昇級をタップ→御殿レベル上げに必要な資源や各施設レベルが表示されます。
不足項目は赤字になっているので、一つずつクリアしていきます。

鈴屋の達成時状況はこんな感じ。
★印が特に最後まで御殿レベル上げに関わってきた所です。

  • 御殿:Lv.18
  • ★武家屋敷:Lv.17(終盤かなり時間と資源が必要…)
  • 稽古場:Lv.11
  • 牢獄:Lv.1(他者を攻撃しなかったので使わず)
  • 厩舎:Lv.9(軽騎馬兵を訓練できます)
  • 射場:Lv.9(弓足軽を訓練できます)
  • 兵舎:Lv.13(新米足軽を訓練できます)
  • ★城郭:Lv.9(敵襲で敗北すると修復が必要なとこだよ)
  • 二層櫓:Lv.6
  • 寺院:Lv.4(隠兵して敵襲から守る!)
  • 取次所:Lv.5(マーク出たらポチして一族相互援助)
  • ★兵法所:Lv.8(他者を攻撃しなかったので使わず)
  • 診療所:Lv.4(兵士が傷ついたら治療するよ)
  • 学問所:Lv.14(最初から支城を諦めてたらもう少しLv.低いままだったw)
  • 市場:1個だけLv.7、他2個Lv.6(銅銭を収穫します)
  • ★農地:1個だけLv.8、他2個Lv.6(糧秣を収穫します)

普請2隊列目と加速道具を活用する

レベルが上がると御殿や武家屋敷などは何日も普請時間がかかります。
ちょっとうんざりするので工夫は必要ですねw

普請2隊列目の解放

商店などで「神工鬼斧」を入手すると普請2隊列目が使えます。
序盤は2件同時に普請できて効率的だなと思いましたが。
8時間や12時間などの使用時間制限があるので、終盤にはもっと普請時間がかかるものしかなくなって使いにくくなります。
終盤のここぞという時に「神工鬼斧」を複数個まとめて入手するためにも両金を貯めておきたいですね。

時間短縮の加速道具

普請・訓練・研究時間が短縮できる「加速道具」を野武士討伐やイベント参加、商店から入手しましょう。
プレイできる時間と、寝ている間の時間を有効活用できるよう、適宜使用します。

非安全資源はなるべく早く使う

資源には安全資源と非安全資源があります。
安全か非安全かの内訳は、最上部の資源量表示をタップした「資源購入」画面下部で確認できますので見てみてください。

  • 安全資源=襲撃されても略奪されません。野武士討伐やイベント報酬などのうち、入手後に一旦倉庫に保管されるものは安全資源です。城内収穫物も安全なはず。
  • 非安全資源=襲撃された時に略奪されます。野武士討伐や野外収集したもののうち、倉庫に保管されない分は非安全資源です。

せっかく貯まった非安全資源は、奪われてしまってはもったいないので、なるべく早く普請や寄贈に使用しましょう。

寺院隠兵と採掘で兵を逃して襲撃ダメージを減らす

御殿レベル9(またはプレイ開始から48時間経過後)になると、初心者保護機関が終わり、他プレイヤーから攻撃を受ける可能性が出てきます。

とにかく鈴屋は襲撃で資源略奪されたり兵士負傷(回復に資源や時間がかなりかかる)するのがストレスでした。
強い一族(プレイヤー)との絶対に覆らない力関係にイライラしましたw

弱いプレイヤーはより弱いプレイヤー(どこの一族にも属さないプレイヤー)を襲撃するんだけど、鈴屋はそれもストレスでしかなかったので、一度も攻城せず終わりましたw
ゲーム自体が向いてないかもしれないw

そんなわけで。
せめてもの抵抗といいますか襲撃リスクを減らすために。
キルイベント時や長時間プレイしない時はいつも、下記のように防衛しました。

  • 全兵士を「寺院」に隠蔽して襲撃時の負傷を回避。
  • 大軍で採掘に向かわせて長時間城外へ逃す。
  • 前述通り、非安全資源はなるべくすぐ使う。

キルイベントでは敵兵を負傷させることが目的、平常時の攻撃は資源略奪目的が多いかと思います。
いずれの目的も果たされなければ、攻城の意味がなくなり狙われにくくなるはず。
ちょっとスッキリしました。

多分このゲームのマナーなんでしょうね。
こちらが仕掛けた後の報復攻撃でない限りは、襲撃されたら非安全資源は奪われ兵士は負傷するものの、捕虜になった武将はだいたい解放してもらえます。
ただ、全兵士を隠蔽(城内に兵士0状態に)していると不戦敗扱いなのかな?武将が捕虜にならないらしいですヨ。
よりスッキリです。

こんな嫌がってますけど、鈴屋はそんなに襲われなかった方だと思いますw
一族員でもやたら狙われてる人が居てかわいそうでした。
たまたま狙われやすい場所に自城があったとか、好戦的なプレイヤーに目をつけられたとか、不運もあったのかもしれません。

学問所での研究は最小限にとどめる

研究にも資源を消費するので、やりすぎは禁物です。
鈴屋が研究したのはこのあたり(抜粋)。

  • [兵法]初級・軍団隊列/中級・軍団拡張/軍団隊列
  • [資源]農耕/商い/荷車/輪作/銭納/村落集合/鶴嘴
  • [城市]後述の「第二級資源地帯に移転しない選択も」参照
  • [補佐]弁才/彗眼

第二級資源地帯に移転しない選択も

御殿レベル14になると、より資源が充実した「第二級資源地帯」に移城できるようになります。
移城には学問所で[城市]支城を研究する必要がありますが、この研究を完了するには満たさなければいけない研究や施設レベルがあり、必要資源量も多いです。

そもそも「第二級資源地帯」は土地がすぐ埋まってしまうので注意が必要です。
御殿レベル14になったらすぐ、城から上下左右6マス以上、十分に空いている移城候補地があるか確認してみましょう。
他一族に囲まれている場所だとイベント時の餌食になりますし、そもそも「私の土地と被らないで」と言って支城(移城前に普請します)を破壊されて終わるなんてよくあることですw

対処法としては、土地が埋まる前に速やかに移城する、所属している一族当主に相談してみる、移城候補地の周りのプレイヤーに事前に声をかけてみる、そんな所です。

鈴屋はもう面倒くさくなって移城せずに条件達成しましたw
「第十四回評定」で「第二級資源地帯」への移転が出てくるので、遅ればせながら一度は移城しようとしたんですけど諦めました。
移城しないなら[城市]研究しなくて良かったじゃん、移城しなくてもやれるよ!ていう話です。
ご参考まで。

まとめ(どうせやるならポイントもらお!)

いかがでしたか?
自分がプレイしてみて気になったポイントをまとめてご紹介しました。

「天地の如く」記事でも書きましたが、鈴屋は多分ゲームが下手なんですw
だから、鈴屋みたいな不得手な人でもそこそこできるし、普通の人はもっと楽に条件達成できると思います。

終盤は御殿、武家屋敷、城郭らへんの普請にびっくりするくらいの資源と時間がかかります。
でも意外と、野外収集や城内収穫の他にもこまめに商店で入手したり、システムメンテナンスのお詫びとか何らかの大きな報酬がちょこちょこあったりして、2,3日もすれば資源は貯まっていました。
あとは、毎日任務をこなし寺院隠蔽などで防衛しつつ、加速道具でなるべく時間短縮しながら普請すればOKです。
道具は貯めておかずにどんどん使うといいと思いますよ。

できるだけストレスなくプレイできますように!
ポイ活、楽しみましょー♪