スポンサーリンク

ツインバードのフラットオーブンレンジを使ってみたよ!

ツインバード オーブンレンジDR-E852W
最近引っ越しました!鈴屋です。

引っ越しを機に、10年以上使ったオーブンレンジ(後ろ脚が片方取れてていつも引越屋に怯えられていた)を処分して、新しいオーブンレンジを購入しました!

使用感などレポートしておきますので、オーブンレンジ購入を検討されている方はご参考にどうぞ☆

スポンサーリンク
PR

ツインバードのオーブンレンジ DR-E852W

今回新たに購入したオーブンレンジはコチラ。
18L程度サイズ、フラットテーブル、オーブン/トースター機能付き、扉の開き方が手前/縦開き製品の中から、最後は見た目のデザインと価格で選びました!

スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク
PR

以前使っていた機種との比較表

ざっくり仕様を抜粋してみました。
購入検討時、このくらいしか鈴屋は見ておりませんでしたw

新しく買ったやつ以前使ってたやつ
メーカー名ツインバード三菱
型番DR-E852WRO-M4A-WS
発売日2018/2月2003/6月
(2004廃盤)
参考価格(税込)¥21,812
※楽天市場¥13,268
¥23,900
※販売終了時参考価格
ターンテーブル無し有り
オーブン/トースター機能有り有り
扉の開き方手前/縦開き
※後述注意点有り!
手前/縦開き
製品寸法(約)W470
D360
H295mm
W485
D380
H315mm
製品重量(約)15.0kg13.0kg
庫内容量(約)18L21L
庫内有効寸法W305
D325
H180mm
W290
D310
H190mm
高周波出力定格600W1000/600/200W
レンジ消費電力900W(50Hz)
1250W(60Hz)
1400W
オーブン消費電力900W1430W

比較項目について補足

前述の比較表の中からいくつか補足説明しておきます。

メーカー名

鈴屋は特別こだわりがなく、見た目のデザイン・機能と、値段を重視して選びました。好きなメーカーがあると決めやすいかもしれませんね。

参考価格

価格はめっちゃ大事!!型落ち品とかも検討しました。
価格を重視すると、自然とメーカー名にはこだわってられなくなりますね。

ターンテーブル

今回は掃除のしやすさからターンテーブルが無い「フラットテーブルタイプ」に絞って探しました。

フラットテーブルの方が価格が少し高くなります。
ターンテーブルとフラットテーブルでは温め方が違いますが、いずれも正しく使えば温めムラは起きないようです。(テーブルがきちんと回る大きさの容器を使うとか、中央に置くとか)

オーブン/トースター機能

主に電子レンジ使用なので、電子レンジ機能のみで安価な「単機能レンジ」でも良さそうですが。
後で欲しくなって買い足すのは面倒くさい!物が増えるのも嫌!ということで、オーブン機能・トースター機能も付いた「オーブンレンジ」に絞って探しました。

オーブン機能がいらない人は、電子レンジとトースターをそれぞれ別々に買った方がリーズナブルな場合があります。

扉の開き方

横に開くやつが結構多いです。
以前使っていた機種が手前/縦開きタイプで、熱いものを取り出す時とか使いやすかったので、買い替えにあたっても同タイプを探しました。

コレについては購入後にわかったこと、思うところがあったので後述します!

庫内容量

どのくらいの容量が入るかを示します。
具体的な目安としては、一人暮らし=20L以下、二人暮らし=20~25L、3~4人=25~30Lとされています。

今回購入にあたり、一人暮らしなので18Lなら十分だな(21L→15Lだと足りないと感じるかもな)と思いました。

庫内有効寸法

実際に物を入れられる庫内のサイズです。
食器が入らない!とならないように、確認しておきましょう。

高周波出力

庫内に入れた物を温めるのに使われるエネルギーの強さを表します。
数値が大きければその分早く温まります。

消費電力

高周波出力(物を温めるのに要する電力)+ターンテーブルを回したり等の付加電力=総量が消費電力です。

※Hzは周波数(1秒間に流れる電気が変化する回数)で、地域により違います。
一般的には東日本50Hz、西日本60Hzで、それぞれに対応した家電を使用する必要があります。現在はヘルツフリー化が進んでいるのであまり気にしなくて良いようですが、ご留意ください。

鈴屋は消費電力を重視しませんでしたが(大体似たようなモノと決め込んで)。
今回購入機種は高周波出力600Wしか選べない分、出力が選べた以前使っていた機種よりも消費電力が抑えられています。機能面とのバランスで何を重視するかによるでしょう。
ちなみに鈴屋家では、高周波出力1000Wがあった時は使っていましたが、600Wしかないならないで結果困りませんでした。

ツインバードの使用感・気になる点

実際に使ってみて感じたことを記しておきます。

見た目がとにかくいい感じ!

当初アイリスオーヤマ製品を検討していましたが、欲しい白色がメーカー欠品していて、結果ツインバードを購入した経緯があります。
デザイン的にはアイリスオーヤマより好みだったので良しとしてます。

アイリスオーヤマのMO-F1805は類似スペック・価格帯なので自ずと候補に上がるかと思います。扉の開き方はツインバードと同じく手前/縦開きで庫内と水平までは開ききらないようです。

説明書を読まずに使って爆発したw

これは完全に自業自得なのですがw
10年以上同じ製品を使っていて適当に慣れすぎていたんですよね…。
汁気のあるおかずを「おかず」メニューで温めたら、庫内で爆発しましたw
記念すべき1発目で、庫内におかずの破片が飛び散り涙目でしたwww
事後に説明書読みました→汁気のあるやつは、ゆる〜く&容器のふちに隙間を作ってラップをかけるんですね!!!
以降、もちろんラップしてます。

メニューボタンを活用していないが無問題

ごはん、飲み物、おかず、解凍、フライあたため、ピザ、以上6個のかんたんメニューボタンが付いています。

が、1発目爆発したトラウマもあってか(自業自得)、鈴屋は便利なはずのメニューボタンを一切使っておりません。
手動メニュー「レンジあたため」ボタン→今までの感覚から大体の時間をダイヤル→スタート!様子を見ながら使っております。
解凍すら「レンジあたため」…問題なく使えています。

せっかく良い製品なので、一度は説明書を読んだ上で、メニューボタンも活用して快適に使うことをオススメします!
※鈴屋と同じようにズボラに使用していただいても問題ございません(自己責任でご自由にどうぞw)。

ツインバード オーブンレンジDR-E852W

フラットテーブルが使いやすい

期待通り掃除がしやすくて良かったです!

ターンテーブルがないのでトレイ的な部品はないと思っていましたが、付属品として天板(オーブン加熱用)とワイヤーラック(グリル加熱用)が付いてくるので別途保管が必要です。そりゃそうだわな。一瞬煩わしいと思ってしまいましたが、保管場所を決めてしまえばなんてことはなかったです。

扉の開き方が想定外だった

これまた鈴屋の確認不足でした。
以前使っていた機種は、庫内と水平になるまで扉が開いたのですが。
ツインバードは、水平になるまでは扉が開ききらない為、扉の上に物を置くことが出来ませんでした。
これだったら横開きタイプの方が手前のスペース(冷蔵庫の上)を使えて良かったな…と初日は凹みました。

ツインバード オーブンレンジDR-E852W

扉が硬くて大きな音がする

扉を開ける時に硬いのと、閉める時にガチャンと大きな音がします。
もう少しスムーズだと良かったですね。

扉の開き方・音ともに、価格を考えると妥協できる点かと思います。慣れてしまえばどうってことはなく割り切っています。

※後日談☆
飲み物のあたためメニューがありますが。
鈴屋家では開閉時の衝撃でぐらつき、飲み物がこぼれがちです…(ウチの置き場所が不安定なせいもあるかと!)
大きめのマグカップに少なめに飲み物を入れて対処していますw
なんというか、在るものに慣れていく(慣れようとする)ものですね!

まとめ

扉が庫内と平行にならないことと扉の硬さ、思ったより大きいことについて、もう少し検討の余地があったかなぁと思うふしもありますが。価格帯を考えると他製品でも結果はほぼ同じだったと予想されます。

想定外の後悔が少なくなるように、店頭展示で実際に触ってみる→通販でなるべくお得に購入!が一番オススメです◎

でもま。
鈴屋は総じて、ツインバードのオーブンレンジDR-E852Wを買って良かったんじゃなかろうかと思っています。
デザイン・機能・価格のバランス的に、一人暮らしには良い感じ♡
これから使い倒して行くつもりです♪

※後日談☆
新婚の友人も白い家電で探してツインバードのオーブンレンジ(一回り大きい容量の別モデル)を買ってました!w
やっぱ毎日目につくものだし、デザインも大事ですね〜。