スポンサーリンク

不調はいつも「原因不明」健康とはなんぞ(愚痴)

健康とは!(写真は本文とは無関係です。)
タイトルどおり!鈴屋です。
ただの徒然なる日記のような愚痴のような記事なのでスルーしてくださいw
書くことで頭が整理されたり冷静になれる効果もあるので…スミマセン。

10代まで:忘れたw

手首足首が弱い、目周りが痒い(アレルギー?)、受験期に喉が痛くて咳が出る。
今思えば後々まで私あるあるなベースは元々ありましたが。
20代以降のように苦しむほどではなかったです。

スポンサーリンク
PR

20代:常時の胃痛。夜も眠れない。

これは唯一、ピロリ菌駆除したら治りました!
内視鏡検査したら胃潰瘍になった跡もあって1年ほど相当苦しんだ気がするけど。
回復後はご飯が美味しい!ぐっすり眠れる!当たり前のようなことがすごく幸せだと思ったものでした。
この平穏が何年続いたかは…定かではない。

30代①:転職先が合わず心身を壊す。

転職先で色々ありまして(うまく説明しきれないのでまるっと割愛w)
心身の不調をきたし1年でリタイアしたものの、この1年がその後の人生に大きな影響を及ぼしました。

心には必要以上の「無能感」を。
体には原因不明の不調の数々を。

在職中は常時吐き気、胃痛、咳、急にむせて止まらない。
電車を途中下車してトイレに駆け込み吐きながら通勤してた時期もありました。
最後の方は何もないのに涙が出たりしてたなー。

めちゃくちゃ苦しくても「うつ病」にもならないし一見普通に働けちゃうので、そういう人は誰が助けてくれるんだろう?と思っていました。
今思えば「他人に助けてもらう」ではなく「自分自身の問題」でしかないのかもしれない…孤独で非情だなぁ。

都内某内科で内視鏡や血液検査もしたが「原因不明」。
看護師さんに「病気じゃなかったっていうのはいいことだからね」と言われて、それはわかってるけど辛くて泣きました。
ストレスのせいなのは薄々わかっていたはずなのに検査したのは、心身弱り切って助けて欲しかったのかな。ピロリ菌再発しててまた駆除したら治るとか明確な解決方法があればと縋ったのかも。

体に機能的異常がないのに体に異常をきたす「精神的ストレス」って恐ろしい威力だと思う。

※余談。
この時、内視鏡検査中に好きでむせてるわけじゃないのに「むせても苦しいだけだよ」って言った医者許さない(根に持つタイプw)。
20代で初めて内視鏡検査した時にそんな苦しくなかったから油断してたけど、この時はめちゃくちゃ苦しかったな…。
以降、上部内視鏡検査する時は眠っている間に(途中に起こされることもなく)終わるやつしかしないぞ!と心に決めましたw

30代②:眼病などかつてない症状が出る。

退職後しばらく派遣で働いた後、初めて「もう地元へ戻ろう」と思えたので、通算20年関東に居ましたがついに地元へ帰りました。
明らかに現実から逃げた感じでしたがハハハ(遠い目)。

地元に戻って気が抜けたのかな。
胃痛と精神面は落ち着いたのですが、かつてない症状が体を襲いました。
結節性紅斑、眼病(ぶどう膜炎)、ろれつが回らなくなったことも。
全身性の病気(サルコイドーシスやベーチェット病など)を疑われ大学病院で検査もしたけれど、やっぱり結果は「原因不明」。

…わからないことって多いよね!!
そんでストレスだとかホルモンや自律神経の乱れ的な話になるあるある。

結局、時間の経過と共にこの一連の不調も落ち着きました。
以降は眼病と付き合っている感じです。
定期的に眼科へ行き、ステロイド点眼の継続と、炎症発作が起こらないように経過観察。合併症と老化ですかね、最近は白内障が進んできました(あと数年で手術かもしれーぬ)。

40代:年相応の不調と付き合いながら。

以降、新たに大きな不調はなく過ごしておりますが。

先日、また結節性紅斑ができました。
30代でなった結節性紅斑は靴が履けないほど腫れ上がり痛くて歩くのも大変だったけど、今回は痛くもなく軽度。
皮膚科で血液検査されるも炎症に関わる数値異常もなく「原因不明」、軟膏で様子見になりました。

皮膚科医には「関係ない」と即答されたけど。
どっかで若い女性だったけど生理周期に合わせて紅斑ができる症例を見かけたし。
個人的には生理や更年期の影響もありうるのではと思っています。

ちょうど発症前の2ヶ月「このまま駆け足で閉経する気なんか?」っていうくらいおかしな生理があって、3ヶ月目の同じタイミングでの発症だったので無関係な方が気持ち悪いくらい。

…まぁ「関係ない」らしいけどw
「原因不明」だし「体に機能的異常がなくても体に異常が起こる」くらいなので、何が関係するかなんてもうわからないですよね。
40代後半にもなると更年期の不定愁訴も出てくるしカオスだよおおお。

まとめ

何の脈絡もない記事でした。ごめんなさいw

未だに人生迷子で心身安定しているとは言い難いけど。
30代の頃に味わったような苦しみや不調は長らくないので、それは幸せなことだなと思いながら書きました。

体調不良で悩まされた面は大きかったものの、20〜30代は割と貴重な(特殊な)体験をたくさんさせてもらった人生だったなぁ。
ってもう死ぬみたいやんw
まだ「結果オーライ」だと自分自身が思える日を目指して生きていますヨ!

今日は猫と一緒にのんびり過ごします。
そんな1日も大切に。